NANJとVIPSの価格変動率の差は歴然

NANJとVIPSの価格変動率の差は歴然

共にCOINEXCHANGE(CE)に上場した国産コイン、NANJとVIPSですが、NANJが5/4にHitBTCに上場することが正式に発表されました。
 
HitBTCは世界の仮想通貨取引所の中で出来高が十指に入る取引所です。
CEのNANJ価格も上場の思惑に呼応する形で一定の上昇を見せました。
 
Hitbtc上場により更なる流動性の向上が期待されるNANJですが、現在の板付きをCEで比較してみましょう。
 
まずはVIPSから。
 
軒並み二桁以上の売り(BTC)が並んでおり、10sat、11satだけでも日本円換算で1億円強の売り板が並んでいることになります。
CEの市場規模を考えれば、かなり厚い板であることは間違いありません。
 
続いてNANJの売り板です。
 
価格帯が違うので一概に比較は出来ませんが、BTC換算で一桁台の売り板が目立ちます。
現状VIPSで2sat分買い上げる資金があれば、NANJでは10sat近く価格を上昇させられる計算になりますね。
 
通貨量総数で比較してもVIPSはNANJの2倍強ありますので、価格変動率においてはNANJに軍配が挙がるでしょう。
 
ここにきて5/1のロックアップ、市場規模の大きいHitBTCへの上場と好材料を抱えるNANJは、4月上旬の高値を抜けてくるようであればかなりの瞬発力を見せるかもしれません。
 
単純に流通する取引所が2つになるだけでも流動性は確実に向上しますから、価格変動はさらに激しくなるでしょう。
 
ただ、流動性と価格変動率がともに高い状態ということは、下値もどこまで探るかわからない騰落の激しい銘柄とも言えますので、ポジションを取るタイミングがとても重要になりますね。
 
ポジションを取る際は、BTC価格の動向等も注視しながら押し目を狙い無理のない範囲で投資しましょう。