【NANJ】COINEXCHANGEの罠/CHE上場

【NANJ】COINEXCHANGEの罠/CHE上場

ついにHitBTCで取引が開始されたNANJですが、初値はさておき、板の薄い状況から値は乱高下しています。
 
取引高は未だそこまで大きくないとはいえ、一時的に30satまで値を下げていますね。
そこで拾えて40sat以上で売却できた方もいそうですが、この板の薄さでは大きな利益を上げるのは現状難しそうです。
 
取引高が停滞している一因となっているのは、COINEXCHANGE(CE)におけるNANJの入出金停止措置です。
NANJをCEで保管されていた方々の中には、HitBTCへ出金しようとされた方も多かったようですが、CEのお家芸、出金停止措置の発動です。
 
私も以前、ETHの出金が2週間以上滞ったことがありました。
何回問合せしても、同じテンプレートの回答しか返って来ず…諦めかけていたときに、何の知らせもなく唐突に着金が確認出来た次第です。
 
CEが今回(いつも通り)意地が悪いのは、意図的にNANJの入出金を止めているであろうことです。
今やNANJはCEにとって取引手数料の稼ぎ頭ですから、トレーダーがHitBTCへ一斉に移動してしまうと、手数料収入が大幅に減ってしまう訳ですね。
 
そこで出金停止措置を取り、NANJがそのままHitBTCに流れないよう対抗策を取ったようですが、トレーダーにとってはあまりにも杜撰な対応に映ったでしょう。
 
取引所の利益を第一義とし、投資家のことは二の次。それどころか、NANJが出金出来ないことによって、副次的にNANJ価格を押し下げる要因ともなっています。
NANJホルダーの方にとっては、たまったものではないですね。
CEの利己主義・利益主義が明るみになった事例ですが、海外の中小取引所はこんなものです。
 
どうしても買いたい通貨・トークンがあった場合は、目標値に到達した時点で売り抜け、すぐに出金するのが無難かと思います。
 
NANJに関してもう一つの懸念材料は、同じく1sat国内銘柄のCHEが、日本時間5月7日の午後に上場予定であることです。
 
国産トークンが次々と躍進していくのは大変喜ばしいことですが、VIPSの上場の際は、NANJに流入していた資金が一挙にVIPSに流れましたから、今回も同様の流れになるのか?
という点では引き続き注視すべき局面ですね。
 
前回はVIPSの上場前にNANJが底を打ち、VIPS上場後は大きく値を上げた形ですが、今回はどうなるでしょうか。
 
VIPS上場時のセオリー通りにゆくならば、CHE上場時にNANJの底を見極めエントリーし、CHEの値動きが落ち着いたところでNANJの価格が再び上昇するタイミングを見逃さない、という対応が一つでしょうか。
 
ただし、考えることは皆さん同様かと思いますので、セオリー通りに取引して必ず利幅を取れるとも限りません。
 
いずれにせよ、NANJのプロジェクト進捗は順調かと思いますが、CEの邪魔や、CHEの上場など、外部要因にも価格は左右されることを念頭に置きつつ、リスクを意識したトレードを継続しましょう。
 
スポンサードリンク