マネックス証券がついに仮想通貨市場参入/国内投資家の対処法

マネックス証券がついに仮想通貨市場参入/国内投資家の対処法

さて、既にご存知の方も多いかと思います。国内株式で昨日唯一、1銘柄だけストップ高をつけた銘柄マネックスグループ [8698]
先日からIPO関連でマネックス証券の優位性をお伝えしてきましたが、なんとコインチェック社を買収して仮想通貨市場に本格参入するという報道がありました。
 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180403/k10011389231000.html
今週中にも発表される見込みだということですね。
 
実現すれば、仮想通貨市場でも透明性・利便性の高い取引所となることは間違いないかと思います。
IPOだけでなく、ICOの有り方についても一石を投じる可能性があります。
 

何故かというと、国内で唯一、資金量に寄らず、IPOの公平な完全抽選方式を行っているのがマネックス証券です。

 

今出来るうちに証券の口座を開設しておいて、仮想通貨取引所の開設にスムーズに申し込めるようにしておいた方が賢明かと思います。

株式口座を保有している人が優遇される可能性が高いです。

全ての口座開設者が1単位(単元)分だけ抽選に参加する形になるので、1単位分の資金だけで公平なIPO抽選が受けられます。

IPO取扱数も、SBI証券に続いて多く、抽選機会に恵まれています。

口座開設、口座維持、公開価格での購入、全て手数料はかかりませんので、Airdropと共にIPO投資の抽選を継続して受けてみてはいかがでしょうか。

 

さて、本日のAirdropを引き続きご紹介します。

 

Twitter完結型です、いつも通りセキュリティ対策を万全にして臨みましょう。