KanadeCoin(奏コイン)のAirdrop第二弾が盛況

本日開催のKanadeCoin(奏コイン)第二回目のAirdropが盛況のようですね。
このまま行けば明日には定員に到達しそうな勢いです。
 
国産コインのAirdropで成功を収めた一例としてはやはりNANJの名前を思い浮かべる方が多いと思います。
一人あたりの配布額(20,000NANJ)が一時日本円にして1万円を超えましたね。
 
今回のKanadeCoinのAirdropは一人あたり20,000KNDCを超えそうですし、NANJの総発行枚数が300億であるのに対し、KNDCの総発行枚数は100億しかありません。
 
また、Airdropによる配布割合もかなり高い数値となっています。
https://kanadecoin.com/
今後の展開によっては、NANJ以上のAirdrop配付価値が生まれることも十分にあり得るでしょう。
 
ところで、今回の第二弾Airdropにあたって、DiscordやBitcoinTalkに初めて触れた方は戸惑った部分もあったかもしれません。
 
Discordに関しては、参加してさえしまえば案内に従って導線通りに手続きを踏むだけでクリアできる場面が多いので、Airdrop参加のチャンスを増やすための積極的な利用をお勧めします。
 
気を付けていただきたいのは、仕手グループへの勧誘や、通貨の販促が頻繁に行われているので、迂闊に資金や個人情報を提供してしまわないことでしょう。
これはDiscordに限らずどのSNSにも言えることですね。甘い話はありません。
 
BitcoinTalkに関しては、日本語thread以外はほぼ全て英語のやり取りな上、UIが初見の方お断りの使い辛い仕様となっているので、無理に登録する必要はないでしょう。
 
新規トークンに関しても、SCAMの割合は多く、信憑性を確認するのも骨が折れます。
 
ただ、Airdropを本気で副収入にしていきたい方に関して言えば、BitcoinTalkについても積極的に情報を取り入れていった方が良いと思います。
 
敢えて参入障壁を高くしているということは、そこにそれだけ旨みが隠されているという事実の裏返しでもあります。
 
ほんの一握りの人しか獲得できない有益な情報は、他の人が手を付けない面倒事も躊躇なく追求していった人だけに齎されるのものでもありますね。
 
特定の誰かの情報を鵜呑みにするのではなく、自身の情報量・経験を積み重ね、価値のあるものを見抜く眼を養うことが、相場を生き抜くための最重要事項ではないでしょうか。
 
スポンサードリンク