bitFlyer収入1,000万の時代。エアドロップ(Airdrop)における英語の最重要性

bitFlyer収入1,000万の時代。エアドロップ(Airdrop)における英語の最重要性

さて、BTCの価格が再び上昇傾向にあるようですが、日本円では125万円付近にボリュームゾーンがあり、2月21日も国内各取引所ではその値近辺で弾き返されてしまっています。

直近でダブルトップとなるのか、それとも130万円を突き抜けて本格的な上昇相場に向かうのか、注目が集まります。

 

さて、bitFlyerを始めとする国内取引所や、ブロックチェーン技術開発事業者は、ブロックチェーンエンジニアを多数求めているようです。

http://thinkcareer.hatenablog.jp/

https://ameblo.jp/bitcoin-hype/entry-12356281199.html

僭越ながら、こちらの方々のブログを拝見させて頂きましたが、ブロックチェーンエンジニアの方の希少性は高く、売り手市場が加速していくようです。

【テックビューロの代表取締役を務める朝山貴生氏は、「一流技術者を雇おうと思ったら、年俸20万ドル(約2340万円)は必要だ」】との記載もありますね。

仮想通貨市場の参加者自体が増加傾向にあるわけですから、市場規模の拡大を考えると、エンジニアの方の需要は高まる一方でしょう。

このブログではエアドロップ(Airdrop)での仮想通貨へのアプローチの普及に努めている訳ですが、エンジニアの方にプログラミングの理解が必要であることと同様に、

エアドロップやICOの参加についても、英語の理解、会話力は欠かせません。

基本的にAirdropの登録一次サイトは8割が英語ですので、筆者も新たなAirdrop情報を提供するにあたり、scam等の危険性がないか、原文をきちんと読んで確認作業を行っています。

また、通貨の開発がどのように行われているのか、プロジェクトの概要はどのようなものなのか確認するために、Discordやbitcointalk等での英会話は必須です。

昨今のブラウザ上の翻訳はとても優れているので、ある程度の部分までは翻訳機能だけでもAirdropやICOについて把握することが出来るでしょう。

 

しかし、新たに発行される通貨の本質を知るためには、開発者と英語で直接やり取りすることで、その人物が信頼に足るか、プロジェクトが投資の対象となり得るか見極めなければなりません。

思い立った時に行動できない方は、大切なチャンスを逃し大きな機会損失を被る可能性があります。

私もエアドロップの参加を習慣付けた最大のきっかけは、海外暗号通貨開発者とのコミュニケ―ションによるものです。たった一言背中を押されただけで、大きなチャンスと巡り合うことが出来ました。

最新のAirdropやICOの情報を正確に把握するためにも英会話は必須ですので、この機会に英会話を習得し、投資の精度を上げるステップの一つとしましょう。

まずは実際に価値があるものか実体験に基づいて判断することが何事も大切ですので、無料体験から始めましょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最新エアドロップまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。