決算相場の終わりと共にAppBankも決着か

連日好決算を発表した銘柄がストップ高をつけている株式市場ですが、連休前後に唯一、決算関係以外で連続ストップ高していたのがAppBank(6177)です。
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6177
 
5/2については東証唯一のストップ高、5/7に関しても決算絡みを除けば唯一のストップ高を付けました。
 
相場が始まってから5/10にかけておよそ2倍まで株価を伸ばしたAppBankですが、11日の決算発表を境に完全に勢いが削がれてしまったようです。
 
決算と同時に材料が出ることを期待した向きがある程度あったことも事実かと思いますが、SPINDLEの思惑だけで5月の相場を乗り切ることは難しかったようです。
 
追加の材料が投下されれば再び相場が再燃する可能性もあるでしょうけれども、グローバルウェイ同様チャート上はかなり苦しい形となりました。
 
グローバルウェイに関しては、5連続ストップ高から間髪を入れずの急落ですから、仮想通貨銘柄の思惑相場は短期勝負という色合いが強くなりつつありますね。
 
 
明日で決算相場も一段落するでしょうから、次なる仮想通貨関連銘柄の台頭が楽しみでもありますね。
幸先良くリミックスポイントが夜間取引でストップ高を付けているようです。