【グローバルウェイ】2営業日連続ストップ高/ファステップスも追随

昨日18営業日振りにストップ高で取引を終えたグローバルウェイ(3936)ですが、本日も勢いは衰えず、引き続きストップ高で商いを終えました。
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3936
 
リミックスポイントをはじめとした仮想通貨関連銘柄が続伸している事に加え、ICO実施に向けた子会社設立が迫っていることから、引き続き買い注文が優勢のようですね。
 
5月30日に子会社設立を予定しているグローバルウェイですが、同じく5月下旬に海外取引所のトレード開始を予定しているのがファステップス(2338)です。
 
度重なるトレード開始時期の延期から、遂に再度の予告日程、5月下旬を迎えた訳ですが、今のところファステップスからトレード開始についての発表はありません。
 
現在の相場付きで滞りなくトレード開始となれば、株価の上昇も相当に勢い付く可能性があります。
 
本日も取引所への期待感を絡めて、ファステップスの株価は大幅高となっています。
 
しかし、もし再び取引所のトレード開始が延期、あるいは中止ということになれば、失望売りが加速することも考えられそうです。
他にも仮想通貨関連銘柄としてサムライJP (4764)がストップ高で取引を終えています。
 
仮想通貨市場そのものはやや停滞感に包まれていますが、株式市場からは大きな期待が寄せられているようですね。
 
引き続きICOや取引所関連のIRを出してくる企業は増えてくるでしょうから、時流に乗った銘柄を見逃さないよう、両市場ともに動向を抑えていきましょう。
 
早速AppBank(6177)から仮想通貨関連のプレスリリースが発表されたようですが、市場はどう反応するでしょうか。