資産運用に疲れたらどう対処すべきか?

資産運用に疲れたらどう対処すべきか?

専業トレーダーの方々…毎日画面に張り付いていませんか?

学生の方、社会人の兼業トレーダーの方…学業や仕事以外の時間を全てトレードに割いていませんか?

 

常に最新情報を入手するという点において、複数のディスプレイに囲まれて情報収集する時間は、確かに必要だと思います。

ただ、余暇を抹消してまで画面とにらめっこし、トレードに全ての時間を注ぎ込んでしまうとかえって資産運用効率が悪くなる、と筆者は考えています。

 

まず一つに、画面を通して得られる活きた情報には限りがあります。

実際に人と会って話すことで得られる情報の鮮度、そしてそのやり取りによって昇華される方針にはとても価値があります。

自身以外の他者からの観点は、俯瞰的に情報を整理するのに非常に重要になってきます。

 

相場に精通した手練れのトレーダー、市場を動かすほどの影響力を持つインフルエンサー。

そして、相場に関わりのない友人や家族、クラスメイトや同僚…。

様々な立場の人達と対話をすることで、多角的な視点でトレードをすることができるようになります。

 

インフルエンサーの情報だけ追っていればいいや…等の考え方はとても危険です。

もちろん価値のある情報を提供してくれる方は多いでしょうが、情報提供者も自身の資産を増やすことが第一義である場合が殆どなのです。

インフルエンサーにだけブンブンブン言わせておく手はありませんよ。

一つのこと、一人の人間を妄信せず、多くの情報を様々な角度から検証して、どういった資産運用が適切か、情報の最適化を図りましょう。

 

二つ目として、安定した資産運用には、安定した精神状態が必須であるということです。

毎日画面と向き合うだけの日々…精神が疲弊し切ってしまいませんか?

不安定な精神状態では、画面の中の情報に不要なバイアスがかかってしまい、正常な判断能力さえ失いかねません。

投げやりな投機で、資産を一瞬で失ってしまうリスクが発生してしまうでしょう。

そこで、先ほども触れましたが、一見トレードに影響のない、

相場と携わりのない身近な人たちとの会話は、精神をリラックスさせる意味でも非常に有意義です。

(何気ない日常会話の中で、思わぬ投資情報を発見できてしまうことさえあるでしょう)

トレードのことを忘れて楽しめる時間が多いほど、いざ画面と向き合う時間を効率化することが出来るのです。

リフレッシュ、大事ですね。

何より、人を大切に出来ない方は、お金も大切にできないケースが多いのです。

 

筆者の周囲で資産運用に成功している人は、必ずしも交友関係が広い方ばかりではありません。

ただ、資産家に共通して言えるのは、何かしら自分自身を安定させる趣味や、リラックス方法を持っているということです。

(仕事が楽しくて仕方がない、という実業家の方も多いです)

 

あなたにとって、一番リラックスできる瞬間は、どんな時でしょうか?

 

筆者にとっては、音楽と携わっている時間が、最もリラックスできる時間です。

私も最近知ったのですが、TSUTAYAの

TSUTAYA DISCAS。こちらでは、一カ月間無料でCDやDVD等のレンタルが出来ます(今だけかもしれません)。

しかも、なんと外出してCDを借りに行く必要がありません。ネット上で借りたいCDをリストアップすると、2枚ずつセットでCDが送られてきます。

それを、返送用の封筒に入れてポストに投函して、返却完了です。とても気軽に利用できますね。

 

ずっと聴きたいと思っていたけれど、お店に寄って借りて行くのはなぁ、と思っていたCDが何枚もあったのですが…

配送でのCDレンタルを知って、今は聴きたかった曲を沢山聴くことができています。

 

30日以内に解約すれば、利用料は一切かかりません。4~5日周期で2枚ずつ借りられるので、かなりお得なのではないでしょうか。

その間に借りられるだけ借りて解約という手もあるかもしれませんが)非常に便利なサービスなので、お気に召しましたら継続利用してみてください。

 

筆者は、記事をまとめる際にも新たに音楽をかけていることが多々あります。作業効率が向上する場面があります。

作業や仕事、そしてトレードに行き詰まった際は、音楽で気分転換をするのもいいものではないでしょうか。

音楽に限らず、あなたにとって有意義な時間がより増えていくことを願います。

 

心が安定すれば、収入、トレードの収益も安定方向に向かうでしょう。

最新エアドロップまとめ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。