次はイクラのエアドロップ

次はイクラのエアドロップ

先日はNEOのAirdrop(ONT)が行われたようですが、次はイーサリアムクラシックのホルダーにAirdropが行われるようですね。

ハードフォークのタイミングは3月5日前後の予定で、公式ウォレットに入れておけばCallisto カリスト(CLO)という通貨が配布されるようです。

イクラ(ETC)一粒に対してカリストも一個の割合で配布されるとのこと。

 

ETCの価格推移をBinanceで確認してみましたが、BTC建ての日足で見事なダブルトップになっていますね。

ハードフォークを境に値動きに変化はあるのでしょうか。丁度支持線の上で下げ止まっていますので、今が買い時と見る向きもあるかもしれません。

 

ETCを購入できる取引所はいくつかありますが、もしAirdrop目的で買うならば比較的板の厚いBinanceで購入した上で公式ウォレットに入れておくのが賢明でしょう。

世界一の出来高を誇るBinanceでは、その他にもAirdropを受ける機会は多々ありますので、今後直前になって焦らないよう、今のうちに口座開設をお勧めします。

 

では引き続き、優良Airdropが見込まれる通貨をブログで共有するために、情報収集してまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。