エアドロップ(AirDrop)に必要なもの【解説付き】

 

①登録の際に必要なメールアドレス📨📨

②仮想通貨を入れるお財布(ウォレット)💰🍬

③Telegram(LINEのようなチャットアプリ) 📲📲

この3点があれば、8割程度のエアドロップ(AirDrop)に参加できますので、必要に合わせてご準備ください。

 

①メールアドレスについては、エアドロップ専用のアドレスがあると便利です。

普段使いのメールと混在することがありませんし、セキュリティ上も独立したアドレスを用意しておいた方が安全でしょう。

 

②ウォレットについては画像つきでご案内します。

今回はマイイーサウォレットを作成します。

MyEtherWallet公式にアクセスし、以下の画面で初期パスワードを設定します。

表示が英語になっている場合は、右上のタブを日本語に選択しましょう。

9文字以上のパスワードを入力して、「お財布の作成」です。

ここで用いるパスワードは、他のサイト等で使っているパスワードと同じものは絶対に使わないでください。

パスワード生成ツール等で、独立した40文字程度のパスワードを設定しておくと良いでしょう。

パスワードは無くさず、かつ漏洩がないよう十分ご留意ください。

 

パスワードを入力したら、以下の画面に移ります。

ダウンロード keystore ファイルを選択し、ファイルを保管してください。

財布を開くのに必要になってきますので、このファイルも絶対に無くさないでください。

 

理解できました。続けます。 を選択します。

黒塗りの部分があなたのお財布の秘密鍵です。絶対に忘れないようにしましょう。

※この秘密鍵は絶対に第三者に公開しないでください。

エアドロップサイト等で秘密鍵の入力を求められた場合は100%詐欺です。

お財布情報を印刷する等して、自分以外の誰にも情報漏洩しないよう大切に保管してください。

 

アドレスを保存してください。を選択します。

先ほど保管したKeystoreファイルか、秘密鍵を選択し、財布をアンロックします。

黒塗りの部分があなたのマイイーサウォレットアドレスです。このアドレス宛にエアドロップ等を受け付けます。

これでエアドロップ入力用②仮想通貨を入れるお財布(ウォレット)の準備は完了です!

 

③Telegramへの参加

iOS
Telegram-App Store

android
Telegram – Google Play

より、メッセージアプリをダウンロードし、起動します。

 

今回はiOSの画面でご案内します。

Start Messagingで次の画面に移ります。

携帯電話の先頭「0」を除いた10桁の数字を入力し、Nextを選択します。

送られてきたTelegram codeを入力し、次に進みます。

最後に名前を入力して完了です。

 

さらに、PCブラウザ上でTelegramを使用できるようにするには

Telegram公式サイト

から、Telegram Web‑versionを選択します。

 

携帯電話の最初の「0」を除いた10桁を入力して、

再び5桁のコードを入力すれば、WebでTelegramが使用できるようになります。

または、お使いのPCの環境よって、Telegram公式サイト内の

Telegram for PC/Mac/Linux等から、PC環境に合わせた使いやすい様式にカスタマイズすることも可能です。

 

これで③Telegramへの参加ができるようになりました。

基本的な登録は以上です、お疲れ様でした。以上の登録で、一通りエアドロップに参加できるようになるでしょう。

最新のエアドロップは以下になりますので、よろしければ早速参加してみてください。

 

管理人より